友の会 国際交流の会 

友の会は「台所の交流」として、大豆料理や洋裁の技術を携えて、
1985年から2002年まで15回バングラデシュを訪問しました。
始まりは「婦人之友」の記事を通して、バングラデシュの子ども達の
栄養改善のために友の会も何かしたい、ということでした。
その体験を通して、相手が何を必要としているのか考え、国情が全く異なる国の生活を
もっと知ることの重要さ、そして、バングラデシュから学ぶことの多いことを痛感しました。
2003年からは、改めて国際交流のあり方を考え、またバングラデシュを糸口に、
広くアジアの開発について学ぶ個人参加の会として「バングラデシュ勉強会」が発足。
羽仁もと子の平和、公共の思想を学び実践しようと、2か月に1度集りを持ってきました。
「バングラデシュ勉強会」は2016年度から、名称を「友の会国際交流の会」と改め、
さらに多くの方の参加を願っています。

      友の会国際交流の会 6月の集まりのお知らせ
          6月9日(土) 10:00~15:00 全国友の家
   読書:教育か生活か -家庭教育篇下 巻頭の言葉
   内容:バングラデシュの子どもたち

    ◎大豆を使って学校給食 JBCEA(日本バングラデシュ文化交流会)
    ◎ACEF(アジアキリスト教教育基金)「バングラデシュ スタディツアー イン ジャパン」報告
    ◎SDGs(持続可能な世界のための17の開発目標)について 「私たちにできることは
     ※婦人之友6月号「未来からの視点」参照
      :隅谷三喜男著 大日本帝国の試煉 「普請中の日本」